Product
Product

PH12強アルカリ水

PH(ペーハー)とは?

水溶液の性質を知るための単位です。

日本では「水素イオン指数」と訳し、その水溶液が酸性なのかアルカリ性なのかを表します。

数値は0~14まであり、7が真ん中で中性となります。

PHが7より小さいと酸性、7より大きいとアルカリ性となります。

「ラピスブルーGAT’SHELL」は、PH12の強アルカリ性となります。

通常の強アルカリ性であれば、皮膚を溶かしてしまいますが、「ラピスブルーGAT’SHELL」は食品添加物から生成されており、化学物質などが含まれていないため安全に使用していただくことができます。

水溶液の性質を知るための単位です

※赤ラインは発育可能PH領域です。

次亜塩素酸、アルコール、PH12強アルカリ水の違い

次亜塩素酸ナトリウム

【メリット】

・手軽に購入が可能

・間違わずに使用すれば効果がみられる

【デメリット】

・皮膚に対する刺激性が強く、直接触れると炎症を起こす

・酸性の物と混ぜてしまうと、有毒ガスが発生する

・使用場所などにより有効塩素濃度の調整が必要になる

次亜塩素酸水

【メリット】

・有効塩素濃度やPH調整が安易である

【デメリット】

・酸性とアルカリ性を混ぜ、電気分解により除菌するため1ヶ月程度で効果がなくなってしまう

・塩酸を使用するため、塩分が多く含まれ腐食しやすい

・手垢や油脂などの汚れをあらかじめ除去する必要がある

アルコール

【メリット】

・エンベロープ(※1)を有するウイルスに効果がある

・長期保存ができる(約3年)

【デメリット】

・肌荒れを引き起こしやすい

・引火性が高いため、火の回りでの取り扱いには注意が必要

・揮発性が高く持続性が悪いため、消毒処理を早く行う必要がある

※1 一部のウイルス粒子にみられる膜状の構造

ラピスブルーGAT’SHELL

【メリット】

・食品添加物(ホタテの貝殻)から生成されているため安全

・手荒れの心配がない

・金属に使用しても錆びない

・口にしても問題ないため、食品を扱う場でも安心して使用できる

こんなものにも使えます!

  • 色々な場所に触れることの多い部分に
    色々な場所に触れることの多い部分に
  • ベビーカーやおむつBOXに
    ベビーカーやおむつBOXに
  • マスクや帽子など身につけるものに
    マスクや帽子など身につけるものに
  • ドアノブなどの金属部分に
    ドアノブなどの金属部分に
  • 包丁やまな板などの食品を扱う部分に
    包丁やまな板などの食品を扱う部分に
  • たばこやペットなどの臭いが気になる部分に
    たばこやペットなどの臭いが気になる部分に

Online Shop

全国どこからでも、当社で取り扱う除菌消臭スプレー「ラピスブルーGAT’SHELL」、
「atom美」の商品がご購入いただけるようになりました!